mem()rand()m

ひよっこIT基盤技術者の備忘録

Swiftってなんだ?ってレベルの人が iPhoneアプリ作るまで (3)

今回やること

前回は、雛形 Single View Application プロジェクトを生成してソースコードを概観しました。今回は、アプリとしては何も乗っていない Single View Application に 基本的な UI を追加していきます。

Storyboard を使う

雛形プロジェクトを生成した段階で、Xcode は storyboard と呼ばれる機能を提供してくれます。Storyboard は、作成中の アプリケーションの UI要素の配置や、画面遷移の様子を視覚的に表示してくれます。この機能により、作成途中のアプリが実際にどのようにユーザに表示されるのかが動的に把握できるため、 アプリケーションの画面遷移を試しながら設計するのに役立ちます。

Storyboard は、 Xcode のプロジェクトナビゲータにある Main.storyboard を選択することで起動できます。

UIのビルド

いよいよ、基本的なユーザインターフェースの作成を行って行きます。これまで練習として生成した FoodTracker アプリに対して、実際に料理を追加するための UI を構成していっきます。

(・・・続く・・・)